SOLA DIGITAL ARTS

チーム紹介

ダイバーシティに富んだプロ集団

SOLA DIGITAL ARTSでは、年齢・性別・国籍関係なく、さまざまな人が働いています。特に海外人材には力を入れており、すでに社内では、アメリカ、中国、韓国、東南アジア、チェコ出身のスタッフが活躍しています。

ほぼ全ての部署が社内にあり、セクションを超えたオープンな交流が活発に行われ、監督やプロデューサーとの距離も近く、コミュニケーションが密に行われています。

このページでは、「シニアクリエイター」「ジュニアクリエイター」「海外出身クリエイター」「プロダクションマネージャー」それぞれの領域でセクションを超えて活躍するSOLA DIGITAL ARTS社員を紹介したいと思います。

映像制作にじっくり取り組めるだけでなく、
自分の名前がクレジットされることも魅力

CGスーパーバイザー
CGスーパーバイザー。
『スターシップ・トゥルーパーズ:インベイジョン』(2012)から一貫してSOLA DIGITAL ARTS中核スタッフとして活躍中
©蟹 由香 / Yuka Kani

荒牧監督作品の持ち味のひとつであるフォトリアルな3DCGアニメーションが好きで、2012年からSOLA DIGITAL ARTSに在籍しています。周りには経験豊かな人に囲まれていて、人当たりが良い方が多いですね。制作においては監督たちがいつもスタジオ内にいらっしゃるので、思うところがあればいつでも話を聞きに行けることが大きな強みだと思います。

現在制作中の『攻殻機動隊 SAC_2045』では、現場スタッフから提案するかたちで、SOLA DIGITAL ARTS本来の持ち味であるフォトリアル路線のリッチなルックを採用し、目はキャラクターアニメに近いという、新しい画づくりを試みています。荒牧監督と神山監督が現場からの声を吸い上げてくれることは大きなモチベーションになりました。その分、必然的に制作負荷は高まるのでシリーズものとして、最後までつくりきることが最大の目標になっています。

個人的にSOLA DIGITAL ARTSで働く魅力として、自分の名前がクレジットとして形に残ることも大きいですね。仕事を続ける上で重要なことだと思っています。

  • 職場環境
  • 職場環境

入社1年目で背景・プロップデザイナーに大抜擢!
巨匠からフィードバックを受けながら成長中

背景アーティスト
背景アーティスト。
インターンを経て九州デザイナー学院を卒業後、2019年4月に入社
©蟹 由香 / Yuka Kani

映画やアニメも好きでしたが、自分が思い描いているものを形にして自由に動かせるのは3DCGだと思い、九州デザイナー学院に入学しました。卒業後は自分が好きなリアル路線のCGアニメーションでSFアクション作品をコンスタントにつくりづづけているプロダクションで働きたいと思い、SOLA DIGITAL ARTSに応募しました。2019年3月に卒業したのですが、それに先立つ1月からインターンで入り、そのまま入社しました。

こんなに早く希望していたSFアクション作品に携われるとは思っていませんでしたし、入って2週間ぐらいで荒牧監督から直々にチェックを受ける機会にもめぐまれました。駆け出しの自分でも、アイデア出しや提案を聞いてもらえるスタジオは、SOLA DIGITAL ARTSしかないのではないかと思っています。

2019年度に新卒で採用された同期は8名います。新人でも健康的な労働時間で一般的な業種と同じように暮らせる待遇をしていただいています。社内には英会話クラブやクラフト部もあります。現在は背景やプロップを担当していますが、いずれは映像自体をディレクションしたり、ベースから自分の世界観を表現できるようなデジタルアーティストになれるよう努力します。

※:SOLA DIGITAL ARTSでは初の試みだというが、今後さらに若手の育成に力を注いでいく方針とのこと

  • 職場環境
  • 職場環境

SOLAの良いところとしては、みんながオープンに仕事をしているところです

海外出身クリエイター
背景・メカアーティスト。
日本語学校および3DCG専門学校卒業後、『ULTRAMAN』(2019)からモデラーとしてSOLA DIGITAL ARTSに参画

チェコ出身で日本語は話せなかったけど、日本に住んでみたくて2012年の夏に来ました。

最初は日本語学校に通って、そのあと『Appleseed』と『攻殻機動隊』シリーズが好きだったので、SOLA DIGITAL ARTSに入社しました。CGは15歳の頃から趣味でやっていて、いまは主に『攻殻機動隊 SAC_2045』で、乗り物やメカ系のモデリングをしています。荒牧監督の作品は、ディティールにかなりこだわっていて、仕事は大変ですが、やりがいはあります。

SOLA DIGITAL ARTSの良いところとしては、分け隔てなく、みんながオープンに仕事をしているところです。特に監督との距離も近く、直接話せる機会が定期的にあるのは自分の成長を考えるうえでも良い環境だと思っています。あとは、会社の雰囲気というか、みんなが好きなものをデスクに置いていたり、個性が机に出ているのが好きです。

また課外活動として、SOLA DIGITAL ARTSで週に2回、仕事終わりの時間に英会話教室を開いています。仕事で使うから本気の人もいるし、初心者で楽しむために学んでいる人もいます。将来的にはモデリング以外にも視野を広げて、監督のように自分の作品を作りたいと思っています。

  • 海外出身クリエイター
  • 海外出身クリエイター

「これからの会社なので、若いうちからなんでもできそう」と思いました

プロダクションマネージャー
制作進行。
大学を卒業後、2019年4月にSOLA DIGITAL ARTS初の新卒社員として入社

2019年4月に新卒入社しました。現在制作中の『Blade Runner Black Lotus』で制作進行をしていて、いまは取引先との窓口をしていたり、台本を書き起こしたりなどしています。

SOLA DIGITAL ARTSは就職活動中にGoogleで「アニメ CG 会社」と検索して、見つけました。他の会社ではなく、SOLA DIGITAL ARTSがいいなぁと思った理由は大きく2つあって、「海外と一緒に作品を作っているのが楽しそう」と思ったことと、「まだこれからの会社なので、若いうちからなんでもできそう」と思ったことです。最初は、映像業界なのである程度長時間働くことを覚悟していたのですが、実際はそこまでではなく、普通に土日も休ませてもらっています。

入ってから気づいたことなんですが、SOLA DIGITAL ARTSの場合、CGに関わるほぼ全部のセクションが同じフロアにあるので、話を聞きに行きやすいのが良いところだと思っています。監督含めまわりの方は、聞いたら丁寧に答えてくれる人ばかりで、とても働きやすいと感じています。

いまは将来的に何になりたいという具体的なイメージを持っていませんが、一つ一つの作品にしっかりと関わっていきたいと思っています。

  • プロダクションマネージャー
  • プロダクションマネージャー
menu